【2020年5・6月:16th Bi-Monthly Champagne Free Flow】“クラブ・トレゾール”極上シャンパン&シャンパンクオリティの土壌で造られるワインのフリーフロー

Empire Steak House Roppongiでは、第16弾となる2020年5・6月シャンパンフリーフローとして、クラブ・トレゾールという、高品質なシャンパンを作るために結成された歴史ある会員制組織が作る、別名“肉のシャンパン”と呼ばれる厳選シャンパンをメインとしたフリーフローをご用意しました。

『Paul Bara Reserve Brut ポール バラ レゼルヴ ブリュット』
ポール・バラは、素晴らしいピノ・ノワールが育まれるグラン・クリュ、ブージー村に1800年代から居を構え、この村の南斜面の絶好の場所に30もの区画を所有しています。当主は7代目にあたる、マダム・シャンタル。父のポール・バラ氏は、このドメーヌの名声を不動のものとした名傑。歴史と伝統の「ブージー・ルージュ」の名声と品質保護のために、アカデミー・デュ・ヴァン・ド・ブージーの創立に携わった人物でもあります。ポール・バラは高品質を目指すドメーヌ達で結成した、クラブ・トレゾール・ド・シャンパーニュの主要メンバーでもあり、この組織では第二次発酵前のキュヴェが会員の試飲チェックに認められないと、保証シールを得ることが出来ないという厳しい選考を行っています。畑での作業は、必要な際に必要量のみ化学薬品を用いるラ・リュット・レゾネで行っており、果汁は一番搾りのキュヴェのみを使用、プルミエ・タイユは、ネゴシアン・マニピュランへ売ってしまうという、まさに「畑に生きるドメーヌ」の品質へのこだわりが、ここブージー村の伝説となったいわれです。

『Charlier Carte Noir Brut シャルリエ カルト ノワール ブリュット』
ランス市から南西へ約19km向かったところに位置するモンティニー・スー・シャティヨン村にその本拠を構え、同村で最も古い歴史を持つ小規模なドメーヌ。同村へと向かう途中で目に入る村の象徴とも言える銅像は、この地で生まれ十字軍の第一次遠征を宣言したクリュニー派の法皇、ウルバンヌス2世を称えたものです。同村のテロワールの特長は非常にマイルドな気候。マルヌ川の支流からの反射光と湿度が、寒い日の気温を和らげてくれます。また、背後の山が北風を遮る為、斜面中腹部より上では素晴らしいピノ・ノワールを栽培しています。シャルリエ・エ・フィスは表土が薄く水はけの良い特級村を凌ぐ最高のリューディの「ラ・ゴセット」を所有しています。当主、ジャッキィ・シャルリエ氏は、かのロゼ・ド・セニエの権威、ルネ・ジョフロワの縁戚にあたり、ポール・バラと共に、高品質を目指すドメーヌ達で結成した「クラブ・トレゾール・シャンパーニュ」に主要メンバーとして携わっています。

ステーキと同じオーブンで焼き上げたシズリングベーコンやグリーンサラダ、イタリア産のモッツァレラ・チーズを使ったカプレーゼや身の締まったジャンボシュリンプ・カクテルなど、見た目にも楽しい日替わりの前菜の盛り合わせや、USDA最高格付け“プライムグレード”のブラックアンガスビーフのステーキと、沢山の料理が登場するランチプラン。シャンパンだけでなく、白・赤ワインやその他ドリンクと、必ず新たなワイン・ペアリングのお好みを見つけて頂けます。

皆様のご来店、心よりお待ちしております。

■「シャンパンフリーフローランチ」詳細

①『シャンパンフリーフローランチコース』9,800円(税・サービス料込)
上記シャンパーニュやソムリエ厳選ワイン、カクテルなどの飲み放題がついた、日本限定のランチのスペシャルコースメニューです。プライムのサーロインステーキ、プライムのフィレステーキ、ノルウェー産サーモンのグリル、チキンパルミジャーノ、本日のパスタなど6種のメインから1種類をお選びいただけます。

◆Chef’s Appetizer Assortment
シェフ厳選 本日の前菜盛り合わせ

◆Main Dish – Please choose one
メインディッシュを1つお選び下さい
・Sirloin Steak プライム サーロイン ステーキ 150g
・Rib Eye Steak プライム リブアイ ステーキ 150g
・Filet Mignon プライム フィレ ステーキ 150g
・Broiled Norwegian Salmon ノルウェー産サーモンのグリル
・Chicken Parmigiana チキン パルミジャーノ
・Today’s Pasta 本日のパスタ

◆Side Dish – Potato & Vegetable
メインディッシュには、ポテトとベジタブルが付きます

◆Bread
パン

◆Free-Flow Drink
≪シャンパン≫
「Paul Bara Reserve Brut ポール バラ レゼルヴ ブリュット」
「Charlier Carte Noir Brut シャルリエ カルト ノワール ブリュット」
「Moet&Chandon Imperial モエ・エ・シャンドン アンぺリアル」

≪赤ワイン≫
「Domaine de Gras Pinot Noir ドメーヌ デ グラス ピノ・ノワール」
「Domaine de Gras Cabernet Sauvignon ドメーヌ デ グラス カベルネ・ソーヴィニヨン」
「Domaine de Gras Carmenere ドメーヌ デ グラス カルメネール」

≪白ワイン≫
「Domaine de Gras Sauvignon Blanc ドメーヌ デ グラス ソーヴィニヨン・ブラン」
「Domaine de Gras Chardonnay ドメーヌ デ グラス シャルドネ」

≪その他≫
カクテル・ウイスキー・ソーダ・ジュースなど

②『シャンパンフリーフロー』4,800円(税・サービス料別)
アラカルトメニューをご注文の方に、上記の飲み放題メニューを追加でご注文頂けます。

≪フリーフローメニュー(PDF)≫
http://www.empire-steakhouse-japan.com/pdf/menu/ESH-Roppongi_Menu-FreeFlow.pdf

≪メニュー(PDF)≫
http://www.empire-steakhouse-japan.com/menu/

≪24時間WEB予約はこちら≫
http://www.empire-steakhouse-japan.com/reservation/

【Empire Steak House Roppongi 店舗概要】
・名称 : Empire Steak House Roppongi (エンパイアステーキハウス ロッポンギ)
・所在地 : 東京都港区六本木6-7–11 1階(カンデオホテルズ東京六本木1階)
・電話番号 : 03-6721-1909
・営業時間 :
Lunch 11:30~15:00 (LO:Food 14:00/Drink 14:30)
Dinner 月~土 17:00~23:30 (LO:Food 22:30/Drink 23:00)
日・祝 17:00~23:00 (LO:Food 22:00/Drink 22:30)
・席数 : 100席(メインダイニング70席/バーカウンター10席/個室20席)
・ウェブサイト : http://empire-steakhouse-japan.com

≪24時間WEB予約はこちら≫
http://www.empire-steakhouse-japan.com/reservation/

【Empire Steak House Roppongiについて】
「Empire Steak House」は、2010年に、ジャックとジェフ、そしてラスの“シナナジ・ブラザーズ”がステーキの本場であるニューヨーク・マンハッタンに開業しました。Best Steak House in New Yorkへの選出や、9年連続で全米No1のレストランガイド『ザガット・サーベイ』に掲載されるなど、NYに多数存在するステーキハウスの中でも、確固たる地位を築いてきました。現在マンハッタンで2店舗を展開し、ニューヨークの富裕層や女性たちを中心に大変な人気を博しています。


「Empire Steak House Roppongi」では、USDA(アメリカ農務省)格付け最高位のプライムグレードのアンガスビーフを、店内の専用熟成庫で21~30日間熟成、このドライエイジングにて旨みが増した肉を厚切りにカットし、一気にオーブンで焼き上げるスタイルでステーキを提供しています。各種ステーキ、『シーフードプラッター』といった鮮度抜群のシーフードや、『クリームスピナッチ』や『マッシュポテト』等サイドメニュー、『ニューヨークチーズケーキ』等デザート、1,000本以上の世界中のワインやカクテルなどをご用意しております。また、日本オリジナルメニューとして『厳選黒毛和牛のステーキ』、月替わりの厳選シャンパーニュ飲み放題付きのランチコース『シャンパーニュフリーフローランチコース』などもご用意しております。

≪24時間WEB予約はこちら≫
http://www.empire-steakhouse-japan.com/reservation/