【9/24(火):TOMMASI AMARONE × Empire Steak House ~ ワインメーカーズディナー ~】

Empire Steak House Roppongiでは、9月24日(火)ディナータイムにおいて、1902年以来100年以上に渡りワイン産業に関わってきた、イタリアのアマローネの生産者『トンマージ』よりアンバサダーのシモーネ・マルゲリ氏をお呼びしてワインディナーを開催いたします。

トンマージは、創業者のジャコモ・バチスタ・トンマージ氏がイタリアのヴェネト州ヴェローナの北方にあるワイン生産地「ヴァルポリチェッラ・クラッシコ」の地に小さな畑を買ったのが始まりです。現在では4代目が当主を務め215ヘクタールの自社畑を所有しています。大切に育てた地元のブドウのみを使い、伝統的な方法を尊重しながら、高品質なワインを提供し続けています。

今回ご用意するワインはアパッシメントと呼ばれるヴァルポリチェッラ・クラシコ地区のユニークな方法で造られます。竹で出来たラックの上で100日間ブドウを乾燥させるこの方法により アマローネ、リパッソ、レッチョートというこの地域を代表する高級ワインが作られます。今では貴族のワインと称される「アマローネ」ですが、イタリア語で「苦味」の意味を持ちます。これには「偶然から生まれた珠玉の赤ワイン」らしいストーリーがあります。今から約140年前にこの地域で主流であった甘口ワインを造る過程で、醸造家がワインづくりを放置してしまった事により、ブドウに含まれる全ての糖分が発酵してしまった結果、今までにない辛口ワイン「アマローネ」が誕生したと言われています。ちょっとした「偶然」が今まで甘口ワインを好んでいた地域に一気に辛口のすばらしさが広まり、イタリア全土を衝撃しました。今では手間暇と通常よりも2倍近い量のブドウを使用して作られることから、法王・貴族のワインとの別名も持つ非常にクオリティの高いワインと世界から認められるようになりました。

また、今回ご用意するコースのメインには、本場NYエンパイアステーキハウスの不動のNo1ステーキ「プライム ポーターハウス ステーキ」をご提供致します。「ポーターハウスステーキ」とは、肉の王様『サーロイン』、赤身希少部位『フィレ』を同時に楽しめる「Tボーンステーキ」で、その中でもフィレの部分が1/3以上もある大きいものを「ポーターハウス」と呼ばれます。ステーキに使用している牛はUSDAプライム認定のブラックアンガスビーフ。最高級のビーフでTボーンステーキの中でも、数枚しか取れない「ポーターハウスステーキ」を、店内にある温度・湿度・風通し・菌の繁殖など厳重に管理された熟成庫で21日~30日間ドライエイジングします。このことにより、希少な牛肉に他で味わえない柔らかさと旨味が生まれ、最終的に900度の特注ブロイラーで一気にお好みの焼き加減に焼き上げることで旨味を閉じ込め、熱々を皆様のテーブルにお届けします。

イタリアではフィレンツェをはじめとし、古くから大胆に牛肉のTボーンステーキを焼き上げ、アマローネのような辛口ワインとペアリングをする食文化があります。今回のワインディナー
では、当店自慢のポーターハウスステーキを最高の温度で焼き上げ、ドライエイジングの風味や味わいの深みがアマローネと抜群のペアリングを演じる「ビステッカ エンパイアスタイル」としてご提供いたします。

イタリアを代表するステーキ「ビステッカ」とアメリカNYを代表するドライエージグを施した「ポーターハウス」・・・二つの国の食文化が交差したときに奏でるマリアージュをイタリアワインとお料理の数々を介してお楽しみ下さい。

『トンマージ アマローネ ワインメーカーズディナーコース概要』

・PRIMO PIATTO『USDAプライムビーフのタリアータ』
・RISO『トンマージ アマローネ リゾット』
・SECONDO PIATTO『 USDAプライムビーフのビステッカ エンパイアスタイル』
・CONTORNO『グリルしたポルチーニ茸とブロッコリーのソテー』
・DOLCE『ティラミス』
・CAFFE『コーヒーまたは紅茶』

『トンマージ アマローネ ワインメーカーズディナースペシャルワインリスト』※下記の各ワイン1杯ずつ計6杯付き

【Aperitivo】
・CAVIT Altemasi Riserva Graal Brut 2009『カヴィット アルテマージ リゼルヴァ グラアル ブリュット』

【TOMMASI Wine List】
・Le Volpare Soave 2017『レ・ヴォルパーレ ソアーヴェ・クラシコ』
・Valpolicella 2017『ヴァルポリチェッラ』
・Ripasso Valpolicella Classico Superiore 2016『リパッソ ヴァルポリチェッラ クラシコ スペリオーレ』
・Amarone della Valpolicella Classico 2013『アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラシコ』
・Ca’Florian Amarone della Valpolicella Classico Riserva 2010『カ・フローリアン・アマローネ・ヴァルポリチェッラ クラシコ・レゼルヴァ』

価格: 15,000円
提供期間:2019年9月24日(火)ディナータイム(17:00~20:30までの入店でご予約下さい)

※1名様からご注文頂けます。

※消費税、サービス料10%別途頂戴します。

≪24時間WEB予約はこちら≫
http://www.empire-steakhouse-japan.com/reservation/

【Empire Steak House Roppongi 店舗概要】
・名称 : Empire Steak House Roppongi (エンパイアステーキハウス ロッポンギ)
・所在地 : 東京都港区六本木6-7–11 1階(カンデオホテルズ東京六本木1階)
・電話番号 : 03-6721-1909
・席数 : 100席(メインダイニング70席/バーカウンター10席/個室20席)

・営業時間 :
Lunch 11:30~15:00 (LO:Food 14:00/Drink 14:30)
Dinner 月~土 17:00~23:30 (LO:Food 22:30/Drink 23:00)日・祝 17:00~23:00 (LO:Food 22:00/Drink 22:30)

≪オフィシャルサイト≫
http://empire-steakhouse-japan.com

≪24時間WEB予約はこちら≫
http://www.empire-steakhouse-japan.com/reservation/

【Empire Steak House Roppongiについて】
「Empire Steak House」は、2010年に、ジャックとジェフ、そしてラスの“シナナジ・ブラザーズ”がステーキの本場であるニューヨーク・マンハッタンに開業しました。Best Steak House in New Yorkへの選出や、6年連続で全米No1のレストランガイド『ザガット・サーベイ』に掲載されるなど、NYに多数存在するステーキハウスの中でも、確固たる地位を築いてきました。現在マンハッタンで2店舗を展開し、ニューヨークの富裕層や女性たちを中心に大変な人気を博しています。


「Empire Steak House Roppongi」では、USDA(アメリカ農務省)格付け最高位のプライムグレードのアンガスビーフを、店内の専用熟成庫で21~30日間熟成、このドライエイジングにて旨みが増した肉を厚切りにカットし、一気にオーブンで焼き上げるスタイルでステーキを提供しています。各種ステーキ、『シーフードプラッター』といった鮮度抜群のシーフードや、『クリームスピナッチ』や『マッシュポテト』等サイドメニュー、『ニューヨークチーズケーキ』等デザート、1,000本以上の世界中のワインやカクテルなどをご用意しております。また、日本オリジナルメニューとして『厳選黒毛和牛のステーキ』、月替わりの厳選シャンパーニュ飲み放題付きのランチコース『シャンパーニュフリーフローランチコース』などもご用意しております。

≪24時間WEB予約はこちら≫
http://www.empire-steakhouse-japan.com/reservation/