【Summer Exclusive:夏季限定アーリーシャンパンフリーフローコース(8月31日まで)】

Empire Steak Houseではこの度、ランチタイムで絶大な人気を誇る『シャンパンフリーフローコース』を夏季限定でディナータイムでもお楽しみ頂ける特別プランをご提供させて頂きます。8月31日までの夏季限定「アーリーシャンパンフリーフローコース」では、豪華なシャンパンのライナップはもちろん、夏の暑さを乗り切る爽快な白ワインやUSDA認定プライムグレードのステーキとペアリング頂く赤ワインまで幅広く贅沢にご堪能頂けます。

■「夏季限定アーリーシャンパンフリーフローコース」詳細

7月・8月のフリーフローでは、フランスで絶大な人気を誇り、ノーベル賞・アカデミー賞セレモニーで華やかに注がれる3銘柄をマグナムボトルでお楽しみ頂けます。この期間に是非バーカウンターでゆっくりとお好みのシャンパンと巡り合い、1920年代のニューヨークを再現したゴージャスなメインダイニングで大切な方とシャンパングラスを傾けてください。

◆Chef’s Appetizer Assortment
シェフ厳選 本日の前菜盛り合わせ

◆Main Dish ーChef’s Selection of USDA Prime Steak (New York Sirloin, Rib Eye or Filet Mignon)
本日のシェフ厳選プライムグレードステーキ (サーロイン、リブアイ、フィレのいずれか)

◆Side Dish – Potato & Vegetable
メインディッシュには、ポテトとベジタブルが付きます

◆Bread
パン

◆Free-Flow Drink
「Thienot ティエノ」「R&L Legras ルグラ」「Gaston Chiquet ガストン・シケ」、ハウスシャンパーニュ、赤ワイン・白ワイン、カクテル、ウイスキー、ソーダ、ジュースなど

※開催期間:8月31日(土)まで
※フリーフロー120分制(ラストオーダー30分前)
※17:00~17:30のご入店・19:00退店の限定コースとなります。
※消費税・サービス料込み9,800円

ただ今ご提供中の第11弾となる7・8月のフリーフロー・シャンパンは、ノーベル賞やアカデミー賞などのセレモニーで使われる「Thienot ティエノ」「R&L Legras ルグラ」「Gaston Chiquet ガストン・シケ」のフランスで絶大な人気を誇る3銘柄です。

特級村のふくよかなブドウの味わいから一級村のシャープなブドウの味わいまでタイプの違ったシャンパンを極上のマグナムボトルでお愉しみ下さい。
『Thienot ティエノ』
1985年にアラン・ティエノ氏によって設立された新進気鋭のシャンンパーニュ・メゾン。設立当初よりファミリーブランドとして位置づけ、独立性を維持。その情熱は現在娘のガランスと息子のスタニスラスによって受け継がれています。現在ティエノはボルドーにも7社を束ねる大企業に成長。シャンパーニュにおいても他ブランド3社を指揮し、その中心のブランドがシャンパーニュ・ティエノです。シャンパーニュ・ティエノは27ヘクタールの畑を所有し、グランクリュはアイ、ル・メニル、アヴィズに6.25ヘクタールを所有しています。(プルミエ・クリュはディズィ、キュミエール、トーキシェールに7.01ha)ランスの郊外テシィ地区には近代的な技術設備を開発。ガラス張りの建物に醸造タンクを設置しています。

『Champagne R & L Legras R & L ルグラ』
R&L ルグラは、エペルネの南東シュイィ村にあり、200年以上続く由緒あるドメーヌです。充実した醸造設備と伝統的な手法によるシャルドネ種を用いた本物志向のシャンパーニュ造りで知られ、欧州各国のトップクラスのホテルや有名レストランでの評価が高く、プロの御用達シャンパーニュとして定評があります。品質は安定し、シャルドネの潜在力を生かした新鮮味を基調としたシャンパーニュ造りに徹しています。

『Gaston Chiquet ガストン・シケ』
シャンパーニュ地方のレコルタン・マニュピランであるガストン・シケは、この地方最高の造り手の一人に数えられるようになりました。莫大な数の小規模生産者がいるこの地方で高名になれたのは、ひとえに所有者であるシケ兄妹(アントワーヌとニコラ)の手腕にあります。ディジーという興味深い名前の村に居を構えるこの一家が、最初にブドウを植えたのは1746年のことでしたが、シャンパーニュを生産することはなく、大手のネゴシアンにブドウを販売していました。シケ兄妹(フェルディナンとガストン)が意を決して自分たちのラベルで瓶詰めを開始したのは1935年のことでした。ガストン・シケは、シャンパーニュ地方の中心、ヴァレ・ドゥ・ラ・マルヌ地区にあるアイ、マレイユ・シュル・アイ、オーヴィレールという卓越した三つの村に、合計22ヘクタールの畑を所有しています。現在の生産量は年間15,000ケースで、ブレンド比率は45%ピノ・ムニエ、35%シャルドネ、20%ピノノワールです。

 ≪フリーフローメニュー(PDF)≫
http://www.empire-steakhouse-japan.com/pdf/menu/ESH-Roppongi_Menu-FreeFlow.pdf

≪メニュー(PDF)≫
http://www.empire-steakhouse-japan.com/menu/

≪24時間WEB予約はこちら≫
http://www.empire-steakhouse-japan.com/reservation/

【Empire Steak House Roppongi 店舗概要】
・名称        : Empire Steak House Roppongi (エンパイアステーキハウス ロッポンギ)
・所在地      : 東京都港区六本木6-7–11 1階(カンデオホテルズ東京六本木1階)
・電話番号 : 03-6721-1909
・営業時間 :
Lunch 11:30~15:00 (LO:Food 14:00/Drink 14:30)
Dinner 月~土 17:00~23:30 (LO:Food 22:30/Drink 23:00)
日・祝 17:00~23:00 (LO:Food 22:00/Drink 22:30)
・席数 : 100席(メインダイニング70席/バーカウンター10席/個室20席)
・ウェブサイト : http://empire-steakhouse-japan.com

≪24時間WEB予約はこちら≫
http://www.empire-steakhouse-japan.com/reservation/

【Empire Steak House Roppongiについて】
「Empire Steak House」は、2010年に、ジャックとジェフ、そしてラスの“シナナジ・ブラザーズ”がステーキの本場であるニューヨーク・マンハッタンに開業しました。Best Steak House in New Yorkへの選出や、9年連続で全米No1のレストランガイド『ザガット・サーベイ』に掲載されるなど、NYに多数存在するステーキハウスの中でも、確固たる地位を築いてきました。現在マンハッタンで2店舗を展開し、ニューヨークの富裕層や女性たちを中心に大変な人気を博しています。


「Empire Steak House Roppongi」では、USDA(アメリカ農務省)格付け最高位のプライムグレードのアンガスビーフを、店内の専用熟成庫で21~30日間熟成、このドライエイジングにて旨みが増した肉を厚切りにカットし、一気にオーブンで焼き上げるスタイルでステーキを提供しています。各種ステーキ、『シーフードプラッター』といった鮮度抜群のシーフードや、『クリームスピナッチ』や『マッシュポテト』等サイドメニュー、『ニューヨークチーズケーキ』等デザート、1,000本以上の世界中のワインやカクテルなどをご用意しております。また、日本オリジナルメニューとして『厳選黒毛和牛のステーキ』、月替わりの厳選シャンパーニュ飲み放題付きのランチコース『シャンパーニュフリーフローランチコース』などもご用意しております。

≪24時間WEB予約はこちら≫
http://www.empire-steakhouse-japan.com/reservation/