【オープン半年記念:アーリーシャンパーニュフリーフローコース】

おはようございます。
Empire Steak House Roppongi の太田です。

6月に入り梅雨の時期が近づいてきましたね。
じめじめとした憂鬱な気分をステーキとシャンパンで気分転換はいかがでしょうか。
さて、そんな本日は『アーリーシャンパンフリーフローコース』をご紹介させて頂きます。

現在ランチ限定で行っているシャンパーニュフリーフローが好評につき、
この度オープン半年を記念してディナーコースでもお楽しみ頂けるようになりました。

※フリーフロー120分制(ラストオーダー30分前)
※17:00~17:30のご入店・19:00退店の限定コースとなります。
※消費税・サービス料込み10,000円

6月も引き続き5大シャンパーニュをマグナムボトルでご用意しておりますので、
お仕事が早く終わった日などちょっとした自分へのご褒美に利用してみてはいかがでしょうか。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

【コース内容】

○Appetizer(Caprese・Bacon・Shrimp Cocktail・Salad
カプレーゼ・ベーコン・シュリンプカクテル・サラダ

○Main Dish – Chef’s Selection of USDA Prime Steak (New York Sirloin, Rib Eye or Filet Mignon)
本日のシェフ厳選プライムグレードステーキ (サーロイン、リブアイ、フィレのいずれか)

○Side Dish – Potato & Vegetable
ポテトとベジタブル

○Bread
パン

○FreeFlow
飲み放題メニュー:5種のシャンパーニュ、赤ワイン・白ワイン、カクテル、ウイスキー、ソーダ、ジュースなど

※フリーフロー120分制(ラストオーダー30分前)
※17:00~17:30のご入店・19:00退店の限定コースとなります。
※消費税・サービス料込み10,000円

【5大シャンパーニュブランド】

■モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル 
3種のブドウの個性がバランスよく調和し、フルーティーな輝き、魅惑的な味わい、エレガントな熟成が感じられます。この豊かな味わいは、良質なブドウからできた100種類ものベースワインをブレンドすることでスタイルの一貫性を実現しています。 グリーンアップル、洋ナシといった新鮮な果実とミネラル、白い花のニュアンスにブリオッシュ、シリアルなどの成熟した香りが調和。フレッシュでありながらエレガントで、口当たりはしなやかで芳醇。アペリティフからデザートまで、どんな料理にも絶妙に調和します。

■ヴーヴ・クリコ イエローラベル
1772年以来メゾンのシンボルです。力強さとフィネスとの間の完璧なバランス、その複雑な味わいは、ピノ・ノワールの卓越した存在感から来るものです。壮大 なブドウ畑、そしてスタイルの一貫性を反映しています。ヴーヴ・クリコ イエローラベルは、2つの対照的な要素である、力強さとなめらかさを調和させ、それらをアロマの強さと存分な爽やかさとの完璧なバランスがとれた状態で保つよう管理されています。この一貫して楽しませてくれる力がアペリティフとして理想的なものにし、食事とともに楽しむシャンパーニュとして完璧なものにしています。

■ランソン ロゼラベル・ブリュット
ランソン社は、シャンパーニュ地方の中心地ランスに1760年に創業して以来、約250年以上にわたって世界中で愛され続けている、最も著名なシャンパンメーカーのひとつです。ランソン ロゼラベル・ブリュットは、清く美しい淡いサーモンピンクの色調です。バラやフルーツのアロマが基調となって、ほんのりと赤い果実のニュアンスがあります。円熟味のあるフレッシュ感が広がり、心地良い余韻が持続します

■ルイ・ロデレール・ブリュット・プルミエ
ルイ・ロデレールのスタイルを最もよく表し、「プルミエ=No.1」というその名に、その自信が込められています。使用するブドウの自社畑比率は、一流メゾンにおいては異例なほど高く、丁寧に栽培、収穫されたブドウの美味しさが存分に生かされています。さらに長期熟成させたリザーヴワインが贅沢に加えられ、得も言われぬ複雑さと芳醇さを演出しています。「フレッシュさと熟成感」、「エレガンスと強さ」これらの相対する要素を見事に融和させた、バランスの良さが一番の魅力。そのリッチな味わいは、シャンパーニュの醍醐味であり食中酒としても楽しめる魅力をもっています。

■アンリ・ジロー エスプリ・ナチュール
ナチュールとはいわゆるヴァン・ナチュール(自然派ワイン)ではなく、自然と共存しシャンパーニュ造りに取り組むという信条を表しています。アルゴンヌ製木樽、テラコッタ製卵型タンク等で醸造。完熟した桃や洋梨などのフルーティな香りの中に、バニラや白コショウのニュアンスが感じられ、ピノ・ノワール主体のシャンパーニュならではの芳醇さと、軽やかなタンニンが印象的。アンリ・ジローの最大の特徴である木樽は、アルゴンヌの森の樫の木から作られている。アンリ・ジローはぶどう木のテロワールだけでなく、アルゴンヌの森の木樽のテロワールにまでこだわっています。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
Empire Steak House Roppongi
Address:〒106-0032 東京都港区六本木6-7-11-1F(カンデオホテル東京六本木1F)
TEL&FAX:03-6721-1909
URL: http://www.empire-steakhouse-japan.com/
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽